ラグビーW杯まであと少し!九州が今アツい!【九州観光・ホテル・外食産業展2019】にて登壇させていただきました。

【九州観光・ホテル・外食産業展2019】

皆さんこんにちは!ビヨンドの道越です。

少し前になるのですが、先週、福岡のマリンメッセにて

2日間に渡って行われた、

【九州観光・ホテル・外食産業展2019】にて

2日目のパネルディスカッションにて、ゲストで

お話をさせていただきました。

九州では、初めて行われるというこちらのイベント。

たくさんの来場者の方で、とても盛り上がっていました。

 

1日目は、九州連合会の麻生会長のお話を拝聴しに。

当日、直接ご挨拶とお話をさせていただいたのですが、

とっても気さくな方で、フランクに九州への思いを語ってくださり、

とても素敵な方でした。

 

2日目は、私も副幹事長を務める

日本インバウンド連合会との共催セミナー。

 

午前中のパネルディスカッションにてお話させて

いただきました。

セミナー会場は満席!九州の皆さんの熱気に

包まれていました。

 

福岡県庁、ラグビーW杯福岡開催推進委員会

篠原事務局長からは、福岡も会場となる

今年のラグビーW杯をどう盛り上げるか。

そして、一度来てくれた海外の人たちをどう

ファンにして帰ってもらうか。

レガシーを残すか?というテーマで

お話いただきました。

 

九州は、福岡・熊本・大分の3箇所が

会場となります。日本で3都市も会場があるのは

九州だけです。まさに大チャンス!

 

私たちも、いくつか今年のラグビーW杯の

会場になる都市の自治体さんのプロモーションを

お受けさせていただいておりますが、

やはり、会場に来て試合を見て終わりではなくて

 

いかに、たくさんビールを飲んでもらって

地元の美味しいものを食べてもらって

そして試合の合間に、周辺の地域をしっかり

回って観光してもらうか。

これを達成するための、情報の整理と発信

とても大事になります。

 

そして、来てくれた海外の方をいかにその土地の

ファンになってもらい、

→また来てもらえるか。

あるいは、母国に帰って周りの友達や家族に

いかに口コミ、オススメしてもらえるか?

 

これが、私はこの大きなイベントの

”レガシーを残すこと”だと思います。

 

皆さんと、熱く議論することができとても

楽しかったです。

そして、会場の九州の皆さんとも

色々とお話やご挨拶をさせていただき

皆さんの熱意とやる気を感じました。

素敵な機会をいただき、本当に感謝です。

 

また、1日目の終了後には、地元の方と

登壇者の皆様と、JIF主催で、

懇親会をさせていただきました。

九州は本当に人がアツイ!

皆さんと一緒に、今年のこのチャンスを

最大限に盛り上げていけるよう、私たちも

精一杯尽力したいと思います!!

 

最後に、締めのご挨拶をさせていただいたのですが

創業から携わらせていただき、副幹事長を務めさせて

いただいている、JIF(日本インバウンド連合会)にも

今年で5000名以上の会員さんが登録いただき、

創業時と比べると、参加してくださる方の顔ぶれや

熱意、コメントや議論の内容も変わって来たなと感じます。

 

3年前は、インバウンドはオリンピックまででしょ?

という方が多かったのですが、今年に入って

本気で取り組みたいという方や、すでに取り組んでいる

方が増え、そんなことをいう方は皆無になりました。

 

国内の人口減少が加速する中、

まさに、インバウンドは日本全体が本気で取り組まなくては

いけない新規事業です。

 

私たちも、携わる地域や企業さんとしっかり

結果を出せるよう、精進したいと思います。

 

今回も、

皆さんの熱気が一つになり、とてもいい会になりました。

今回のイベントを主催いただいた日本能率協会様

素敵な機会をいただいたJIFの皆さん、本当にありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA