インバウンドマーケティング・カレッジ インバウンドマーケティング・カレッジ

日時:2016年8月24日(水)13:00~17:00 (開場12:30)終了後、懇親会あり

会場:御茶ノ水 ユニオンビル4階 ROOM A

インバウンドマーケティング最前線!

各業界のプロフェッショナルが
“本気で取り組むインバウンド集客”
をご紹介します

”来日外国人の2人に1人が来店する、インバウンドでダントツ成功しているドンキホーテ! ドンキホーテのインバウンドを0から立ち上げ成功まで導いた戦略・事例、またこれからのインバウンド戦略について 今、やるべきことをお話しします!”

中国人による爆買も収束傾向にある現在、受身ではなく攻めの姿勢によるインバウンド戦略が必要になってきています。オリンピックを控え、これまで以上に多くの海外の方を迎えていく中『訪日を予定している海外の方にどのように情報発信やマーケティングをおこなえばよいのか』『どうすれば効率よくリーチできるのか』悩まれているインバウンドご担当者様も多いことでしょう。

当セミナーではそのような悩みに応えるべく、日本のインバウンド・マーケティングの第一人者である株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズの中村社長を学長として迎え『訪日前から効果的にマーケティングをおこなう発想や方法』をレクチャー。多様なジャンルにおけるインバウンドマーケティングの専門家を招き、皆様の課題を解決します。

今回は第一期ということで、基礎から実践的な内容まで体系的に網羅。インバウンド初心者という方も既に取り組んでいる方も、最先端のインバウンド事情を一緒に学びましょう! 一社につき2名まで参加が可能となっています。皆様お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

こんな方におすすめ

お申込みはこちら

プログラム

第一部

13:05 - 13:35

『2016年は攻めのインバウンド!SNSを使った来日前からの情報発信戦略』

 攻めのインバウンドは来日前からの情報発信が重要!
・来日前の情報発信の大切さ
・facebookや各種SNSを活用した海外への情報発信の手法
・海外向けに情報発信する際のポイント
・海外ユーザーに受けるコンテンツや記事の書き方
・企業・自治体様の事例

道越万由子

株式会社Beyond 代表取締役
道越 万由子 氏
1983年千葉県生まれ、32歳
インバウンド・グローバルマーケティングやSNSを使った海外PRに特化したマーケティングのプロデュースを行う。
ITベンチャー、株式会社オプト、トレンダーズ株式会社を経て
2015年1月よりインバウンド・海外マーケティングの事業部を立ち上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やプロデュースに携わる。
2016年7月に、インバウンドPRに特化したマーケティング会社、株式会社Beyondを設立し、代表取締役に就任。
新卒からずっとWEB業界に携わり、検索対策~広告運用、EC、SNS・PRなど幅広く経験を積み、ベンチャー企業にて大阪支店の立ち上げから、海外事業部の立ち上げを経験。
WEBマーケティングに特化して約10年間従事。
インバウンド・海外マーケティングや企業・経営者、自治体向けのセミナー講師としても多数講演。

13:40 - 14:10

『中国検索ビッグデータ(PC,Mobile)から見えるインバウンドの更なる可能性』

・中国市場について
・中国百度について
・中国のモバイル化とモバイルサイト対策について
・中国ユーザーに対して、次のactionに繋げるには?

高橋大介

Baidu(百度)日本法人 国際事業本部 本部長
高橋 大介 氏
1977年、静岡県伊東市生まれ38歳。
■ネットベンチャーを経て、2004年株式会社サイバー・コミュニケーションズ入社。
■2005年9月株式会社電通インタラクティブ・コミュニケーション局へ出向。
■2008年2月 百度株式会社(バイドゥ株式会社)国際事業室入社。
■現在国際事業本部本部長として、中国Webマーケティングを活用した日系企業の中国進出支援などに長年従事。

企業や大学、自治体などでインバウンドや越境ECなど中国インターネット、モバイル(スマートフォン)ビジネスに関する講演など多数。

14:15 - 14:45

『中国SNSデータ分析からみるインバウンド情報発信戦略について』

・日本旅行のスタイル変化や人気製品、アクティビティについて
・日本旅行における可処分時間と所得の関係図について
・各問題に対する処方箋とは?
・リアル店舗は越境ECに勝てるか?
・インバウンドの今後はどうなるのか?

宮田将士

普千(上海)商務諮訊有公司 董事総経理
宮田 将士 氏
1975年生まれ、大阪府出身。
龍谷大学文学部史学科東洋史コース卒業。
■日本で一度就業したあと中国に渡り、中国企業に就職。中国女性との結婚と同時に2001年に起業。
貿易仲介、飲食業、翻訳サービス等を経て、2004年より中国メディア及びソーシャルメディアデータの収集、整理サービスを開始。
■2010年に社名を普千(上海)商務諮訊有限公司へと変更した後は、 中国メディアの情報拡散の構造、実態把握、ソーシャルメディア上のネットユーザーの生態、実態、本音、意見等を収集、分析により注力し、 マーケティング、PR、コミュニケーション戦略コンサルティングを提供。

<主な執筆書籍>
「テレビが伝えない中国人”爆買い”のウラ」(主婦の友社)、執筆協力書籍に『中国ネット最前線-「情報統制」と「民主化」』(蒼蒼社)等がある。

14:55 - 15:40

『「インバウンド3.0」時代における 訪日観光市場のマーケティング戦略とは?』

”観光立国”日本を作って行くために これから5年間で私たちがやるべきこととは?

中村好明

株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズ
代表取締役社長
中村 好明 氏
1963年生まれ。上智大学卒。
■2000年ドン・キホーテ入社。広報、IR、マーケティング、CRM、新規事業担当を経て、 2007年11月に社長室ゼネラルマネージャー、2008年7月よりインバウンドプロジェクトリーダーとして訪日客誘致の責任者を兼ねる。
■2013年7月、社内の訪日観光戦略部門をスピンアウトさせて、 株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズを設立し、代表取締役社長に就任。
ドン・キホーテグループ全社の訪日客誘致プロジェクト責任者を務める。

ハリウッド大学院大学および神戸山手大学客員教授。日本ホスピタリティ推進協会理事・グローバル戦略委員長。全国免税店協会副会長。みんなの外国語検定協会理事。関西美食ツーリズム推進協議会会長。観光政策研究会会長。

<主な著書>
『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦~激安の殿堂が切り拓くアジア観光交流圏という大市場』(メディア総合研究所刊)
『インバウンド戦略~人口急減には観光立国で立ち向かえ!』(時事通信社刊)

第二部

15:45 - 16:55

パネルディスカッション
『インバウンドデジタルマーケティングの展望とビジネスチャンス』(70分)

中村好明

コーディネーター

株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ
代表取締役社長

中村 好明 氏

パネラー

道越万由子

株式会社Beyond
代表取締役

道越 万由子 氏

高橋大介

Baidu(百度)
日本法人
国際事業本部 本部長

高橋 大介 氏

宮田将士

普千(上海)
商務諮訊有公司
董事総経理

宮田 将士 氏

宮田将士

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
取締役副社長

南 昇 氏

来日外国人向け No,1 Wi-Fiアプリ【TRAVEL JAPAN Wi-Fi】
Wi-Fiを活用した、インバウンドビジネスの活性化と
これからのインバウンドマーケティング戦略について

中村好明

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
取締役副社長
南 昇 氏
■2012年 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 取締役副社長(現職)
■2013年 Wi-Fiの接続情報(ビッグデータ)の分析基盤サービス「Ideal Insight」責任者としてサービスローンチ
■2014年 訪日外国人と企業をつなぐ新サービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」責任者としてサービスローンチ
■2015年 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サービスを個人店舗の方々にもご利用いただけるよう、Lite版となる新サービス
「Inbound Satellite」を立ち上げる

自治体・民間向けのセミナー・勉強会にてWi-Fi、位置情報活用などのテーマを中心に年間数本の講師を行う。
また、近年はWi-Fiを活用したインバウンドビジネス活性に関する講演・取材の依頼が増えており、全国各地にて講演を行っている。

懇親会

17:30-

概要

タイトル インバウンドマーケティング・カレッジ
開催日時 2016年8月24日(水)13:00~17:00 (開場 12:30)
会場 御茶ノ水 ユニオンビル4階 ROOM A
対象 マーケティング部門、営業支援部門、営業部門、
経営企画・営業企画ご担当の方
参加費 一法人15,000円(税込)一法人2名まで参加可能/別料金にて懇親会をご用意
定員 120名
主催 株式会社Beyond
共催 株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ

お問い合わせ

申込み内容必須
参加者1必須
参加者2
会社名必須
住所必須
電話番号(代表者)必須
メールアドレス(代表者)必須

※当日受付にてセミナー参加者のお名刺を頂戴いたしますのでご持参ください。
※収集した個人情報は利用範囲を限定し、適切に取り扱います。